お疲れ様です😊
ただいま連載中の福岡県那珂川市にて行った住宅塗装・塗り替え工事のようすから、本日は外壁塗装の下塗りと軒天塗装作業です。

下塗りとは

塗装における下塗りとは、素地と上塗り(仕上げ)塗料との密着を高め仕上がりを良くする役割のほか、塗料が持つ機能や効果を付加するためにも必要な基本となる工程です。

塗り替え工事においては傷んだ外壁の塗料の吸い込みを防ぐためにも行われます。
外壁は1年中、雨風や紫外線からお住まいを守り続けており経年劣化は避けられません。傷やひび割れなど蓄積したダメージは素地をスポンジのようにしてしまうため、最初から上塗りをしてしまうと均一な塗膜が形成できず塗料の機能を充分に発揮することができません。さらには色ムラや艶ムラなど美観を損なう原因にもなります。

ホワイトフィラーAの特徴

弾性系塗料の塗り替えの他、各種既存塗膜の下地調整に適しており、下地の軽微なひび割れなどへの目つぶし(隙間を埋める・目止め)効果に優れた微弾性フィラーです。

avatar
職人
フィラーは下地の表面をならし調整する下地調整材です。他にもシーラーと呼ばれる調整材があり、こちらは塗料の吸い込みを防ぎ塗装面と上塗り材の密着性を改善します。微弾性フィラーとは、このふたつの機能を兼ね備えた塗料になります。

軒天塗装

軒天(のきてん)とは、外壁よりも外側に張り出した屋根や庇の裏側(いわゆる軒の裏)のことですが、見上げると見える部分であるため「軒天」や「軒天井(のきてんじょう)」と呼ばれています。玄関ポーチの天井部分や外階段の裏側も軒天となりますが、他には「上裏(あげうら)」という名称もあります。

今回使用した塗料はアステックペイントのマックスシールド1500F-JYです。
水性塗料にはない光沢感やセラミック成分による低汚染性が特徴の弱溶剤形上塗材になります。(F-JYはシリーズ最高グレード!弱溶剤形二液型フッ素系上塗材です)

マックスシールド1500シリーズの特徴

  • 高耐候性
    紫外線や雨など塗膜の劣化要因に対して強い耐候性を発揮。促進耐候性試験(キセノンランプ式)において、F-JYは5,000時間(16~20年相当)、Si-JYは4,000時間(13~16年相当)、U-YJは2,500時間(8~10年相当)も光沢保持率80%以上という結果が出ています。
  • 万能性
    弱溶剤タイプでさまざまな下地との密着性に優れているため、外壁だけでなく硬質塩ビ・木部・鉄部といった付帯部分など、あらゆる箇所に塗布可能。
  • 高隠蔽性
    粒子径の小さい顔料を使用することで凹凸がある下地においても塗りムラや透けの心配がなく美しい仕上がりを実現します。
  • 低汚染性
    セラミック成分の配合により、低帯電性(静電気を帯びにくい性質)と親水性(水になじみやすい性質)に優れた塗膜表面を形成。汚れの定着を防ぎ美観を長期間保持します。
avatar
新人スタッフ
湿気がこもりやすい軒天ですが、塗り替えでメンテナンスすることで長持ちさせることができます!素材や環境により最適な塗料をご提案することはもちろん、外観のワンポイントとしてお色もお選びいただけます!

以上で作業は完了です。
最後までご覧いただきありがとうございました。
それではまた明日。

avatar
スタッフ
次回作業予定 外壁の中塗り・上塗り etc…
フジヤマ建装について

当社では熟練した職人がお客様の対応にあたっております。
ご相談から現地調査、お見積り・ご商談、施工、アフタフォローまでを一貫して職人が行う自社施工店ならではのプランが好評。住宅塗装のほか、お住まいに関することなら何でもお気軽にご相談ください。

0120-485-270 フジヤマ建装 お問い合わせ用フリーダイヤル

おすすめピックアップ記事

9月1日発売!巻誠一郎さんとの対談掲載誌

2021年5月にお会いした元サッカー日本代表の巻誠一郎さんとの対談記事が掲載された躍進企業応援マガジン・カンパニータンク(COMPANY TANK)9月号が発売されました!

アステックペイントより表彰いただきました

2021年6月上旬、フジヤマ建装はアステックペイント加盟店における上半期総売上部門において福岡・筑後エリア全域で1位を獲得し、3部門において1位表彰いただきました!