お疲れ様です😊
ただいま連載中の福岡県小郡市にて行った住宅塗装・塗り替え工事のようすから、本日は腰壁塗装と基礎巾木塗装作業です。

各所下塗り作業

まずは腰壁(写真は門柱)と基礎巾木に下塗り材を塗装していきます。
使用した材料はSK化研の水性ミラクシーラーエコです。

水性ミラクシーラーエコの特徴

  • 各種旧塗膜や、各種水性仕上塗材(硬質、弾性)と強固に付着するため、新築、改装を問わず幅広く適応できます。
  • TVOC(総揮発性有機化合物)を1%未満に抑えた、環境に優しい塗料です。
  • ­一液架橋システムにより、優れた耐水性、耐アルカリ性を示します。
  • ­下地への浸透性に優れており、高いシール効果を発揮します。
  • ­特殊設計により、下塗材から防かび・防藻機能を発揮することで、衛生的な環境を維持します。
  • ­水性のため、火災や有機溶剤中毒の心配がなく、屋内外で安心して使用できます。

腰壁塗装:上塗り

下塗り乾燥後、上塗りを行います。
腰壁塗装にはアステックペイントのエクスファイン艶消を使用しました。
門柱や腰壁など人目に付きやすい外構部分には低汚染性に優れた塗料がおすすめです。

エクスファイン艶消の特徴

  • ブロック塀専用塗料
    艶消塗料のため光沢が少なく落ち着いた仕上りを実現します。外壁・屋根の塗り替えの際にあわせて塗り替えることで建物のイメージを一新できます。
  • 低汚染性
    けい酸質結合材を用いており、塗膜の親水性や硬度が高いため長期間にわたる美観の保持に役立ちます。
  • 透湿性
    高い透湿性が求められる軒天塗料と比較しても約1.5倍の透湿性を持っているため、ブロック塀にありがちな膨れや剥離などが発生しにくいといえます。
  • 高耐候性
    促進耐候性試験3,000時間をクリアー。10~12年相当の耐候性が実証されており、長期間に渡ってブロック塀を紫外線や雨などの劣化要因から保護します。

基礎巾木塗装:上塗り

基礎巾木とは建物を支えている基礎が地面から露出している部分のことで、塗装によるメンテナンスが推奨される箇所になります。地面に一番近く汚れも目立ちやすい部分になりますので、使用する塗料には(上塗り・下塗り共に)防カビ・防藻などの機能付き塗料がおすすめです。

今回、使用した材料はスズカファインのビーズコート基礎用Pになります。

ビーズコート基礎用Pの特徴

  • 超撥水タイプの基礎巾木用 アクリルシリコン樹脂系塗料です。(ペイントタイプ)
  • 塗膜表面に微細な凹凸構造を施し、ハスの葉と同様のロータス効果を再現した超撥水性塗膜です。
  • 超撥水効果により塗膜への汚れが付着しにくい低汚染タイプです。
  • 下地からの水蒸気を放散する透湿性塗膜です。
  • 塗膜の透湿性により、床下の湿気を屋外に放散すると同時に基礎コンクリートの中性化を抑制します。
  • 防かび・防藻タイプです。

作業完了

avatar
新人スタッフ
外壁と一緒に基礎巾木も塗り替えることで、お住まいがより美しく仕上がりますね!建物全体がパッと明るくなったように見えます!!

以上で作業は完了です。
最後までご覧いただきありがとうございました。
明日は日曜日のためブログはお休みです。

それではまた、来週月曜日に。

avatar
スタッフ
次回作業予定 各所タッチアップ・清掃・光触媒コーティングを終えて完工
フジヤマ建装について

当社では熟練した職人がお客様の対応にあたっております。
ご相談から現地調査、お見積り・ご商談、施工、アフタフォローまでを一貫して職人が行う自社施工店ならではのプランが好評。住宅塗装のほか、お住まいに関することなら何でもお気軽にご相談ください。

0120-485-270 フジヤマ建装 お問い合わせ用フリーダイヤル

おすすめピックアップ記事

9月1日発売!巻誠一郎さんとの対談掲載誌

2021年5月にお会いした元サッカー日本代表の巻誠一郎さんとの対談記事が掲載された躍進企業応援マガジン・カンパニータンク(COMPANY TANK)9月号が発売されました!

アステックペイントより表彰いただきました

2021年6月上旬、フジヤマ建装はアステックペイント加盟店における上半期総売上部門において福岡・筑後エリア全域で1位を獲得し、3部門において1位表彰いただきました!