お疲れ様です😊
ただいま連載中の福岡県太宰府市にて行った住宅塗装・塗り替え工事のようすから、最終日の本日は光触媒コーティング作業です。
新しくなったフジヤマ建装の光触媒コーティング施工のようすを、ぜひ最後までご覧ください。

塗り替え工事の流れ

01. 足場組立
02. 高圧洗浄
03. コーキング撤去
04. マスキングテープ養生
05. コーキング充填①
06. コーキング充填②
07. 各所養生
08. 軒天塗装 外壁塗装(下塗り)
09. 外壁塗装(中塗り)
10. 外壁塗装(上塗り)
11. 屋根塗装(下塗り)
12. 屋根塗装(中塗り) 付帯塗装①
13. 付帯塗装② 屋根縁切り
14. 屋根塗装(上塗り) ベランダ防水塗装①
15. ベランダ防水塗装② 木部塗装
16. 基礎巾木塗装(下塗り) など
17. 基礎巾木塗装(上塗り) など
18. 物置塗装 各所タッチアップ 清掃
19. 光触媒コーティング [このページ]

施工内容はお客様によって異なり、お住まいの形状や状態・工期中の天候次第では工程順序も前後することがございます。
全ての塗装工事が全く同じ流れというわけではありませんが屋根や外壁のリフォーム・塗り替え工事をご検討いただく際の参考になれば幸いです。

光触媒について

フジヤマ建装はこれまで1層コートによる「アパタイトを被覆した二酸化チタン光触媒」を使用していましたが、現在はさらに酸化分解能力の高い『2層コートによる不純物を含まない可視光線型光触媒』を使用しています。

アパタイト被覆やバインダー(接着剤)といった不純物が酸化分解効果を低下させるというデータを元に熟慮を重ねた結果、より品質の高い光触媒コーティングを提供するため屋外用・屋内用ともに材料を一新いたしました。

全世界で猛威を振るう新型コロナウイルスの発生により、除菌や抗菌など感染症対策への意識も高まる今こそ、自信をもって施工できるサービスでなければならないという職人たちの思いもフジヤマ建装の光触媒コーティングには込められています。

光触媒コーティング(1回目)

まずはアンダーコートから。
カップガンを使用して細かな霧状で吹き付けていきます。

avatar
職人
従来のアパタイト被覆型は一回吹きのコーティング(1層コート)でしたが、現在使用しているタイプは酸化分解効果が強力なため、アンダーコートでコーティングした上にトップコートをコーティングする2層コーティングを行います。

光触媒コーティング(2回目)

次にトップコートです。
こちらもカップガンを使用して吹き付けていきます。

avatar
新人スタッフ
アンダーもトップも黄色い液体ですが乾燥すれば透明になるので屋根や外壁のお色を邪魔する心配はありません!

完工ありがとうございました

以上で光触媒コーティングは完了です。
このあと足場解体と最終チェック・清掃を行い工事完了となります。

avatar
代表 藤嶋
この度はフジヤマ建装にご依頼いただき誠にありがとうございました。
今後とも末永くお付き合いいただけるよう日々精進を重ねて参ります。
施工後も気になることがあればいつでもお気軽にご相談ください。
当社では熟練した職人がお客様の対応にあたっております。
ご相談から現地調査、お見積り・ご商談、施工、アフタフォローまでを一貫して職人が行う自社施工店ならではのプランが好評です。お住まいに関することなら何でもお気軽にご相談ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。
明日は日曜日のためブログはお休みです。
それではまた、来週月曜日に。
施工後写真について

ブログ内では防犯の観点から住宅全体の写真掲載を差し控えております。
塗り替えをご検討中などで当社施工実績をご覧になられたい方は、施工事例ページを閲覧いただくか、お問い合わせフォーム又はお電話にてご連絡ください。

おすすめピックアップ記事

アステックペイントより表彰いただきました

2021年6月上旬、フジヤマ建装はアステックペイント加盟店における上半期総売上部門において福岡・筑後エリア全域で1位を獲得し、3部門において1位表彰いただきました!

雑誌取材・巻誠一郎さんと対談いたしました

躍進企業応援マガジン・COMPANY TANK(カンパニータンク)より取材を受け、元サッカー日本代表の巻誠一郎さんとの対談が雑誌掲載される運びとなりました!