お疲れ様です😊
ただいま連載中の福岡県那珂川市にて行った住宅塗装・塗り替え工事のようすから、本日は旧コーキング撤去とマスキングテープ養生作業です。

コーキングとは

外壁の目地などに埋まっているゴムのような部分のことです。
住宅は台風や地震からくる揺れや歪みをある程度吸収するように建てられています。サイディングなど外壁の継ぎ目に弾性のあるコーキング材を使用することで目地に関節のような働きを持たせ、その伸縮性から外壁のひび割れやズレを予防しています。

全体からみれば細い目地ですが意外にも外観や耐久性に大きく関わる部分になりますのでしっかりと下地処理を行う必要があります。

コーキング撤去作業

それでは作業をはじめていきます。
写真はインパクトドライバーを使用して旧コーキングを剥がしているところです。

コーキングの打ち替えでまず重要なのは旧コーキングを残らず撤去することです。
目地底にボンドブレーカーがしっかり残っているかも確認しながら作業を進めます。
剥がれや元々貼られていない部分にはボンドブレーカーを貼っていきます。

ボンドブレーカーとは

絶縁テープとも呼ばれる目地底に張り付けて使用するテープ類で、目地が深くない場合の二面接着を行うために使用される材料です。細長いマスキングテープのようなタイプがよく使用されており、これまでの作業写真では目地の内側に見えている青い部分がこのボンドブレーカーになります。

コーキングの二面接着とは
施工部分を上から見た場合の断面図
avatar
新人スタッフ
目地におさまるコーキング材の左右(二面)と外壁とがくっつく(接着する)から二面接着ですか?!
avatar
職人
はい。ボンドブレーカーを使用しなければ三面接着、つまりコーキング材が左右の外壁と奥のハットジョイナーのコの字型に接着されます。三面をガッツリ接着された目地では十分な伸縮ができず劣化も進みやすいため、当社では耐久性も考慮し二面接着を行っております。

各所養生作業

続いて養生作業です。
目地の周囲にマスキングテープを貼っていきます。

マスキングテープ養生とは

目地に空気が入らないようしっかりとコーキング材を満たすため充填時にはわざと多めに盛っておいてから撫でるという作業を行いますが、はみ出たコーキング材をマスキングテープと一緒に撤去することで美しい目地に仕上げることができます。
養生は汚れを防ぐためだけでなく仕上げの過程でも使われるため、塗装においてはこうした養生テクニックがよく使われています。

avatar
新人スタッフ
塗装作業の前にこうした下準備を丁寧に行うことが美しい仕上がりへと繋がります!

以上で作業は完了です。
最後までご覧いただきありがとうございました。
それではまた明日。

avatar
スタッフ
次回作業予定 コーキング打ち替え・打ち増し作業 etc…
フジヤマ建装について

当社では熟練した職人がお客様の対応にあたっております。
ご相談から現地調査、お見積り・ご商談、施工、アフタフォローまでを一貫して職人が行う自社施工店ならではのプランが好評。お住まいに関することなら何でもお気軽にご相談ください。