お疲れ様です😊

本日も雨で作業は中止です。しかし今年は梅雨が長い🤔いつ梅雨明けするんでしょう。。。

気長に待ちます😅

さて本日は【光触媒コーティングを行ったサイディングボードが時間の経過でどれぐらい汚れないか】の実験をする為、光触媒コーティングのサイディングボードを作成しました。

光触媒コーティング実験 写真1

雨で濡れると光触媒は密着しないので屋根がある所で作業します。

光触媒コーティング実験 写真2

まずはサイディングボードの半分に養生を行います。《左側・光触媒コーティング》《右側・コーティング無し》

光触媒コーティング実験 写真3

2枚作成します。

養生が終わりましたら、光触媒コーティングを行なっていきます。

光触媒コーティング実験 写真4

満遍なくコーティングしていきます。

光触媒コーティングは光触媒を吹き付けすぎるとコーティング面が白くなったりする事があるので、慎重に吹いていきます。

カップガンの口径は0.8ミリ以下。細かな霧状で吹き付けます。

光触媒コーティング実験 写真5

完成です。

乾燥後、養生を撤去して雨晒しの場所に1ヶ月ぐらい置いておきます。

どれくらい自然環境下で汚れの違いがでるのか。データや写真は沢山ありますが、直に目で確認できるサンプルになればと思います。

また1ヶ月後に結果を報告いたします😊

それではまた明日。

フジヤマ建装について

当社では熟練した職人がお客様の対応にあたっております。
ご相談から現地調査、お見積り・ご商談、施工、アフタフォローまでを一貫して職人が行う自社施工店ならではのプランが好評。住宅塗装のほか、お住まいに関することなら何でもお気軽にご相談ください。