お疲れ様です😊
ただいま連載中の福岡県春日市にて行った住宅塗装・塗り替え工事のようすから、本日は外壁のアクセント部分塗装と屋根塗装の下塗り作業です。

外壁塗装:アクセント部分

前回のベース部分に引き続き、今回はアクセント部分の外壁塗装です。
使用した塗料はアステックペイントの超低汚染リファイン1000MF-IR、お色はベイジュになります。

超低汚染リファインシリーズの特徴

  • 超低汚染性
    独自の無機成分配合技術により緻密な塗膜を形成し汚れの付着を防ぎます。この無機成分が持つ極めて優れた親水性(水となじみやすい性質)により塗膜に汚れが付着しても塗膜と汚れの間に雨水が入り込み汚れを洗い流します。
  • 防カビ・防藻性
    アレルギーの原因にもなるカビや美観を損ねる藻の発生を抑え、長期間の美観保持に貢献します。
  • 高耐候性/遮熱保持性
    高耐候型白色顔料を採用することで樹脂の破壊や塗膜の劣化を抑え、優れた可とう性(柔軟性)を有した塗膜が下地の動きなどに対応し塗膜表面のひび割れを抑制します。
  • 遮熱保持性
    一般的な遮熱塗料の欠点(経年とともに付着した汚れが熱を吸収し徐々に遮熱効果が低下してしまう)を克服し長期間にわたって遮熱効果を発揮し続けます。
  • 期待耐用年数
    促進耐候性試験(キセノンランプ式)において、MF-IRは約20~24年・Si-IRは15~18年が経過しても光沢保持率80%以上を保持することを実証しています。
avatar
職人
塗装を終えたベース部分に塗料が付着しないよう、アクセント部分との境目にマスキングテープで養生を行ってから中塗り作業に入ります。

アクセント部分の上塗り作業

中塗り乾燥後、上塗りを行います。

アクセント部分の上塗り完了

上塗り後、マスキングテープ養生を撤去して作業完了です。

屋根塗装:下塗り

塗装における下塗りとは、素地と上塗り(仕上げ)塗料との密着を高め仕上がりを良くする役割のほか、塗料が持つ機能や効果を付加するためにも必要な基本となる工程です。

塗り替え工事においては傷んだ屋根の塗料の吸い込みを防ぐためにも行われます。
屋根は1年中、雨風や紫外線からお住まいを守り続けており経年劣化は避けられません。傷やひび割れなど蓄積したダメージは素地をスポンジのようにしてしまうため、最初から上塗りをしてしまうと均一な塗膜が形成できず塗料の機能を充分に発揮することができません。さらには色ムラや艶ムラなど美観を損なう原因にもなります。

avatar
新人スタッフ
今回使用した下塗材はアステックペイントのサーモテックシーラーになります!

サーモテックシーラーの特徴

  • 耐久性
    弱溶剤形二液エポキシ系屋根外壁用遮熱下塗材です。上塗り材との密着を高め塗料の吸い込みを防ぎ、高性能な塗膜を形成します。
  • 遮熱性
    赤外線を反射する顔料を使用しています。上塗りにも遮熱塗料を併用することで相乗効果を得ることができます。効果測定実験では屋根表面温度が15℃、室内温度は3℃下げることに成功しています。
  • 対応素材
    さまざまな下地に対応(コンクリート,モルタル,ALC,窯業系サイディング,波形スレート,セメント瓦,カラーベスト)

屋根の下塗り完了

しっかりと下塗りを行うことで上塗り材との密着性が高まり、塗り替えた塗装の品質も向上します。

以上で作業は完了です。
最後までご覧いただきありがとうございました。
それではまた明日。

avatar
スタッフ
次回作業予定 屋根中塗り・付帯塗装 etc…
フジヤマ建装について

当社では熟練した職人がお客様の対応にあたっております。
ご相談から現地調査、お見積り・ご商談、施工、アフタフォローまでを一貫して職人が行う自社施工店ならではのプランが好評。春日はもちろん、福岡・佐賀の住宅塗装ほか、お住まいに関することなら何でもお気軽にご相談ください。

0120-485-270 フジヤマ建装 お問い合わせ用フリーダイヤル

おすすめピックアップ記事

9月1日発売!巻誠一郎さんとの対談掲載誌

2021年5月にお会いした元サッカー日本代表の巻誠一郎さんとの対談記事が掲載された躍進企業応援マガジン・カンパニータンク(COMPANY TANK)9月号が発売されました!

アステックペイントより表彰いただきました

2021年6月上旬、フジヤマ建装はアステックペイント加盟店における上半期総売上部門において福岡・筑後エリア全域で1位を獲得し、3部門において1位表彰いただきました!