お疲れ様です😊
ただいま連載中の福岡県春日市にて行った住宅塗装・塗り替え工事のようすから、本日は基礎巾木塗装の上塗りとベランダ防水塗装作業です。

基礎巾木塗装:上塗り

基礎巾木とは建物を支えている基礎が地面から露出している部分のことで、塗装によるメンテナンスが推奨される箇所になります。地面に一番近く汚れも目立ちやすい部分になりますので、使用する塗料には(上塗り・下塗り共に)防カビ・防藻などの機能付き塗料がおすすめです。

avatar
職人
上塗り材は特に超撥水タイプの塗料がおすすめになります。

それでは基礎巾木の上塗りです。
使用した塗料はスズカファインのビーズコート基礎用Pになります。

ビーズコート基礎用Pの特徴

  • 超撥水タイプの基礎巾木用 アクリルシリコン樹脂系塗料です。(ペイントタイプ)
  • 塗膜表面に微細な凹凸構造を施し、ハスの葉と同様のロータス効果を再現した超撥水性塗膜です。
  • 超撥水効果により塗膜への汚れが付着しにくい低汚染タイプです。
  • 下地からの水蒸気を放散する透湿性塗膜です。
  • 塗膜の透湿性により、床下の湿気を屋外に放散すると同時に基礎コンクリートの中性化を抑制します。
  • 防かび・防藻タイプです。
avatar
新人スタッフ
基礎巾木も外壁と一緒に塗り替えることで、お住まいがより美しく仕上がりますね!建物全体がパッと明るくなったように見えます!!

ベランダ防水塗装

次にベランダ床の防水塗装です。
こちらのお住まいは塩ビ被覆鋼板という素材がベランダ床に使用されているため、専用の下塗材で下塗りを行う必要があります。
使用した塗料はニッペ(日本ペイント)の塩ビゾルウレタンプライマーです。

塩ビゾルウレタンプライマーの特徴

  • 塩ビゾル鋼板製外部部材専用プライマーで塗装時の困りごとを解消します。
  • 下地への密着性が高く、可塑剤の移行を防止するため上塗りがべたつきにくくなります。
  • 上塗り適応性が広く塗膜の劣化を抑制します。
avatar
職人
塩ビ被覆鋼板を塗装する場合は、ブリード現象(塗り替えた塗膜がいつまでもベタベタする・数か月で黒ずんだりする等)を防ぐため、塩ビゾルウレタンプライマーという専用の下塗り材を使用します。
avatar
新人スタッフ
ブリード現象は厄介なんですね!どうして起きてしまうんでしょうか?!
avatar
職人
ブリード現象は塩ビ鋼板だけでなくシーリング材にも発生しますが、どちらも原因は可塑剤(かそざい)という柔軟性を添加する物です。これが表面ににじみ出るとベタついて汚れが付着しやすい状態になり、黒ずみも発生して美観を損なうという厄介な面もありますが、見識がある塗装職人なら原因と対策を把握しているので心配いりませんよ。
avatar
新人スタッフ
なるほど!塗装の技術だけでなく知識もバリバリ!それがフジヤマ建装の職人ですね!!

上塗り

乾燥後、上塗り材を塗装します。
使用した塗料は日本特殊塗装(ニットク)のプルーフロンGRトップです。

avatar
新人スタッフ
経年劣化による小キズやくすみも消え美しいベランダ床に仕上がりましたね!建物が反射するほど艶やかです!

以上で作業は完了です。
最後までご覧いただきありがとうございました。
明日は祝日のためブログはお休みです。

それではまた、明後日の水曜日に。

avatar
スタッフ
次回作業予定 清掃・光触媒コーティングを終えて完工
フジヤマ建装について

当社では熟練した職人がお客様の対応にあたっております。
ご相談から現地調査、お見積り・ご商談、施工、アフタフォローまでを一貫して職人が行う自社施工店ならではのプランが好評。住宅塗装のほか、お住まいに関することなら何でもお気軽にご相談ください。

0120-485-270 フジヤマ建装 お問い合わせ用フリーダイヤル

おすすめピックアップ記事

9月1日発売!巻誠一郎さんとの対談掲載誌

2021年5月にお会いした元サッカー日本代表の巻誠一郎さんとの対談記事が掲載された躍進企業応援マガジン・カンパニータンク(COMPANY TANK)9月号が発売されました!

アステックペイントより表彰いただきました

2021年6月上旬、フジヤマ建装はアステックペイント加盟店における上半期総売上部門において福岡・筑後エリア全域で1位を獲得し、3部門において1位表彰いただきました!