お疲れ様です😊
ただいま連載中の佐賀県三養基郡にて行った住宅塗装・塗り替え工事のようすから、本日は破風コーキング補修と屋根塗装の下塗り作業です。

破風コーキング補修

まずは破風板の継ぎ目補修から。
経年劣化したコーキングをしっかり撤去したのち養生を行いプライマーを塗布。その後コーキングを充填します。使用した材料はオート化学工業のプライマー(OP-2019)とオートンイクシードです。

オートンイクシードの特徴

  • 新開発ポリマー採用
    特殊高耐久LSポリマーの誕生により経年で流出する可塑剤を配合せずに優れた柔軟性を実現。経年による硬質化を防ぎ柔らかさを超長期間維持します。
  • 耐候性/耐久性
    促進耐候性試験(SWOMで検証)において6,000時間を突破するという驚異的な高耐候性を実証しました。
  • 防汚機能
    新技術CRオリゴマーがシーリング材にありがちな硬化初期のベタツキを軽減し、汚れの付着を大幅に抑えることに成功しました。
avatar
新人スタッフ
プライマーを塗布することで破風板とコーキング材の密着が高まるんですよね?!
avatar
職人
はい。きちんと下地処理を行った上でコーキングを充填し雨水等の浸入を防ぎます。傷みやすい破風板もしっかりとメンテナンスすることで長持ちさせることができるんです。
avatar
新人スタッフ
なるほど!見た目の美しさだけでなく建物の状態もしっかりと見極められるからこそ高品質な住宅塗装が可能になるんですね!!

屋根塗装(下塗り)

続いて屋根の下塗りを行います。
使用した材料はスズカファインのベスコロフィラーHGです。

ベスコロフィラーHGの特徴と機能

  • 新生瓦・セメント瓦用 カチオン系合成樹脂エマルション下地調整塗材です。
  • 下地調整と下塗が一度にできますので工期短縮が可能です。
  • 特殊カチオン樹脂系の付着性に優れた下塗です。
  • 厚膜の為、素地の目止め効果が高く、肉痩せしたスレートを甦らせます。
  • 滑らかな肌を形成するため、上塗りの艶のりが良好です。
  • 取り扱いが容易な1液水性タイプです。

雨風や紫外線から常にお住まいを守り続けている屋根。
経年劣化による傷やひび割れなど蓄積したダメージは素地をスポンジのようにしてしまうため、塗料の吸い込みを起こしやすく色ムラや艶ムラなど美観を損なう恐れがあります。
均一な塗膜を形成し塗料の機能を充分に発揮させられるよう、ローラーでしっかりとベスコロフィラーHGを塗装しました。

以上で作業は完了です。
最後までご覧いただきありがとうございました。
明日は祝日のためブログはお休みです。

それではまた、明後日の金曜日に。

avatar
スタッフ
次回作業予定 屋根中塗り・付帯塗装 etc…
フジヤマ建装について

当社では熟練した職人がお客様の対応にあたっております。
ご相談から現地調査、お見積り・ご商談、施工、アフタフォローまでを一貫して職人が行う自社施工店ならではのプランが好評。住宅塗装のほか、お住まいに関することなら何でもお気軽にご相談ください。

おすすめピックアップ記事

9月1日発売!巻誠一郎さんとの対談掲載誌

2021年5月にお会いした元サッカー日本代表の巻誠一郎さんとの対談記事が掲載された躍進企業応援マガジン・カンパニータンク(COMPANY TANK)9月号が発売されました!

アステックペイントより表彰いただきました

2021年6月上旬、フジヤマ建装はアステックペイント加盟店における上半期総売上部門において福岡・筑後エリア全域で1位を獲得し、3部門において1位表彰いただきました!