お疲れ様です😊
ただいま連載中の福岡県飯塚市にて行った住宅塗装・塗り替え工事のようすから、本日は外壁塗装の下塗り2回目です。

下塗りとは

塗装における下塗りとは、素地と上塗り(仕上げ)塗料との密着を高め仕上がりを良くする役割のほか、塗料が持つ機能や効果を付加するためにも必要な基本となる工程です。

塗り替え工事においては傷んだ屋根や外壁の塗料の吸い込みを防ぐためにも行われます。
外壁や屋根は1年中、雨風や紫外線からお住まいを守り続けており経年劣化は避けられません。傷やひび割れなど蓄積したダメージは素地をスポンジのようにしてしまうため、最初から上塗りをしてしまうと均一な塗膜が形成できず塗料の機能を充分に発揮することができません。さらには色ムラや艶ムラなど美観を損なう原因にもなります。

avatar
職人
素地の種類や状態、お住まいの環境などしっかりと見極めたうえで下塗り材を選び、下塗りを行うことが最高な仕上がりへの近道であり着実な方法です。

外壁塗装 下塗り作業2回目

こちらの外壁はヒビ割れを防ぐため下塗りを3回行います。
今回(下塗り2回目)で使用した材料はニッペ(日本ペイント)のパーフェクトサーフです。

パーフェクトサーフの特徴と機能

  • 窯業系サイディングボードの塗り替えに最適な下塗材。ALCパネル面、コンクリート面、モルタル面も塗り替え改修適用下地です。
  • 下地の隠ぺいにすぐれているので淡い色から濃い色への変更はもちろん、濃い色から淡い色への変更にも最適です(抜群のカブリ)
  • きめが細かいので上塗りの吸い込みが少なく仕上がり感にすぐれ美しい仕上がりが期待できます。
  • 防藻・防かび機能を有しています。
  • 微弾性機能を有しているのでヘヤクラックへの追従性があります。

こちらを2回塗装します。
2回目でしっかりと2度塗りしていることをお客様にご確認いただけるよう、1回目は少し色を入れております。
これをローラーでしっかりと厚膜塗装します。

avatar
職人
ひび割れを防ぐための厚膜のデメリット(水分の排出を阻害し塗膜の膨れを起こしやすい点)を、透湿性の高いパーフェクトサーフを使用することで改善しました。
avatar
新人スタッフ
お住いの状態に合わせた塗料選びはとても重要ですね!
avatar
職人
はい。状況によっては塗料メーカーの開発等と相談して使用する材料を検討します。今回は他社の下地改修材と比べ塗膜膨れの心配が少なく密着性に優れたパーフェクトサーフが一番適していると判断しました。
avatar
新人スタッフ
なるほど!塗装専門の職人と塗料の専門家が選んだ材料なら安心ですね!

以上で作業は完了です。
最後までご覧いただきありがとうございました。
それではまた明日。

avatar
スタッフ
次回作業予定 引き続き、外壁下塗り(3回目) etc…
フジヤマ建装について

当社では熟練した職人がお客様の対応にあたっております。
ご相談から現地調査、お見積り・ご商談、施工、アフタフォローまでを一貫して職人が行う自社施工店ならではのプランが好評。住宅塗装のほか、お住まいに関することなら何でもお気軽にご相談ください。

おすすめピックアップ記事

アステックペイントより表彰いただきました

2021年6月上旬、フジヤマ建装はアステックペイント加盟店における上半期総売上部門において福岡・筑後エリア全域で1位を獲得し、3部門において1位表彰いただきました!

雑誌取材・巻誠一郎さんと対談いたしました

躍進企業応援マガジン・COMPANY TANK(カンパニータンク)より取材を受け、元サッカー日本代表の巻誠一郎さんとの対談が雑誌掲載される運びとなりました!