お疲れ様です😊
ただいま連載中の福岡県福岡市にて行った住宅塗装・塗り替え工事のようすから、本日は引き続き付帯塗装と基礎巾木塗装作業です。

付帯塗装

まずは先日に引き続き付帯塗装から。
素地調整を終えた雨戸にも錆止め塗装を行いました。上塗りには弱溶剤シリコン塗料を塗装しています。

avatar
職人
雨戸等、建具に吹き付け塗装を行う際には周囲にしっかりと養生を行った上で作業いたします。

基礎巾木塗装

次に基礎巾木塗装を行っていきます。
下塗りに使用した材料はSK化研の水性ミラクシーラーエコです。

水性ミラクシーラーエコの特徴

  • 各種旧塗膜や、各種水性仕上塗材(硬質、弾性)と強固に付着するため、新築、改装を問わず幅広く適応できます。
  • TVOC(総揮発性有機化合物)を1%未満に抑えた、環境に優しい塗料です。
  • ­一液架橋システムにより、優れた耐水性、耐アルカリ性を示します。
  • ­下地への浸透性に優れており、高いシール効果を発揮します。
  • ­特殊設計により、下塗材から防かび・防藻機能を発揮することで、衛生的な環境を維持します。
  • ­水性のため、火災や有機溶剤中毒の心配がなく、屋内外で安心して使用できます。

下塗りがしっかり乾燥したところで上塗り(2回)を行います。
使用した材料はスズカファインのビーズコート基礎用Pです。

ビーズコート基礎用Pの特徴

  • 超撥水タイプの基礎巾木用 アクリルシリコン樹脂系塗料です。(ペイントタイプ)
  • 塗膜表面に微細な凹凸構造を施し、ハスの葉と同様のロータス効果を再現した超撥水性塗膜です。
  • 超撥水効果により塗膜への汚れが付着しにくい低汚染タイプです。
  • 下地からの水蒸気を放散する透湿性塗膜です。
  • 塗膜の透湿性により、床下の湿気を屋外に放散すると同時に基礎コンクリートの中性化を抑制します。
  • 防かび・防藻タイプです。
avatar
職人
基礎巾木とは建物を支えている基礎が地面から露出している部分のことで塗装によるメンテナンスが推奨される箇所になります。
地面に一番近く汚れも目立ちやすい部分になりますので、超撥水タイプに防カビ・防藻などの機能付き塗料がおすすめです。

以上で作業は完了です。
最後までご覧いただきありがとうございました。
それではまた明日。

avatar
スタッフ
次回作業予定 引き続き付帯塗装・ベランダ防水塗装 etc…
フジヤマ建装について

当社では熟練した職人がお客様の対応にあたっております。
ご相談から現地調査、お見積り・ご商談、施工、アフタフォローまでを一貫して職人が行う自社施工店ならではのプランが好評。住宅塗装のほか、お住まいに関することなら何でもお気軽にご相談ください。