お疲れ様です😊
ただいま連載中の福岡県行橋市にて行った住宅塗装・塗り替え工事のようすから、本日は屋根中塗りと上塗りです。

中塗りとは

塗装の基本『下塗り・中塗り・上塗り』
中塗りはちょうど真ん中にあたる工程で、あまり重要ではない印象があるかもしれませんが、実は塗膜に厚みを持たせるという大切な役割があります。

膜厚は外観だけでなく耐久性にも影響するため、色付き塗料では仕上げの上塗り材を2回塗るのが一般的です。厳密には『下塗り・上塗り(1回目)・上塗り(2回目)』となるのですが、便宜上「中塗り」と呼ばれています。

上塗りとは

外観を決定付ける『上塗り』
仕上がりを左右する最終工程、塗料が持つ機能を最大限に引き出すためにも重要です。

充分な膜厚を形成することで耐久性がアップし美観を保ちながら遮熱や防汚・防カビといった塗料が持つ効果も長持ちさせることができます。

屋根の中塗り

それでは中塗りから行っていきます。
使用した材料はSK化研のエスケープレミアムルーフSiです。

エスケープレミアムルーフSiの特徴

  • 耐候性/耐久性
    トリプルガード効果により紫外線(UV)や水、熱等の劣化要因から屋根材を保護し、優れた耐候性を示します。
  • 防かび・防藻性
    特殊設計により、かびや藻等の微生物汚染に対して強い抵抗性を示し、長期に亘り衛生的な環境を維持します。
  • 作業性
    隠ぺい性の高い塗膜とレオロジーコントロールによる塗り易い粘性を実現し、作業効率を向上させます。また、強溶剤と比較して臭気が少なく、作業環境の改善に役立ちます。

ローラーとエアレスを使用して塗っていきます。

吹き付け塗装について

「吹き付けは作業が速くて済むから手抜きできる」という情報もありますが、手塗りと比べると塗料の飛散を最小限に抑える技術が求められる上、準備や後片付けに時間も手間もかかるため、まともにやれば手抜きは出来ないのが住宅塗装の吹き付けです。

当社は手塗りも吹き付けも作業効率だけを優先するようなことはいたしません!

築年数だけでなく環境や下地の状態等をしっかりと見極め、最適な道具を当社の熟練職人が適宜使用しており、なによりも「フジヤマ建装に頼んでよかった!」と言ってもらえるよう高品質な施工を心がけ日々作業にあたっています。

avatar
職人
気になることがあればお気軽にご質問ください。

屋根の上塗り

続いて上塗りです。
※午前中に中塗りを行い、午後からは中塗りの乾燥をしっかりと確認してから上塗りを行っています。

均一にムラなく塗っていきます。

avatar
新人スタッフ
高圧洗浄時の写真と見比べると、とても同じ屋根とは思えないほど美しく生まれ変わりましたね!
avatar
職人
陽射しの影響で写真では分かりにくいですが色艶に深みと重厚感も増した仕上がりになっていると思います。
avatar
新人スタッフ
なるほど!まさに重厚な仕上がりですね!

以上で作業は完了です。
最後までご覧いただきありがとうございました。
それではまた明日。

avatar
スタッフ
次回作業予定 1階外壁クリアー塗装 etc…
フジヤマ建装について

当社では熟練した職人がお客様の対応にあたっております。
ご相談から現地調査、お見積り・ご商談、施工、アフタフォローまでを一貫して職人が行う自社施工店ならではのプランが好評。住宅塗装のほか、お住まいに関することなら何でもお気軽にご相談ください。